つみき

資産価値が高い一戸建てを建てるには|素敵な住まい造り

  1. Home
  2. メンテナンスと点検の事

メンテナンスと点検の事

住宅

長期間の点検付きの家

日本では木造の家を建ててもその寿命は30年位だという説がありますが、その原因の一つはメンテナンスを行わない事だとも言われています。確かに日本では長期住むために定期的にメンテナンスをするというよりは、修理が必要になるとようやくその部分を直すというのが一般的です。スウェーデンハウスでは50年の無料定期点検というサービスがあって、最初の10年で7回の点検、10年を過ぎると5年おきの点検で50年目まで続きます。この定期点検にはメンテナンスのアドバイスも含まれていますから、家の状態によって行うメンテナンスの方法を教えてくれます。スウェーデンハウスのオーナーによれば、家族でメンテナンスを行うのが多いという事です。

家は長く大切に住むもの

スウェーデンハウスは木造の住宅ですから、主に木の部分のメンテナンスが必要になります。2年に1度位は窓枠やサンデッキや玄関ドアの塗装や動きをスムーズにするためのスプレー剤の塗布などを行います。玄関ドアについては半年に1度など頻度を高くすることで見栄えが良くなるようです。また、外壁は10年に1度位塗装が必要になります。これらは何もスウェーデンハウスに限った事ではなく、普通の家もメンテナンスを行えば家の寿命は長くなるでしょう。家に限らず物は使用すれば劣化しますから、長く使おうと思えばメンテナンスは当然必要になります。家をメンテナンスしながら大切に長く住みたいと考えているのなら、スウェーデンハウスは会社の態勢がしっかりしていますからお勧めです。